ホーム 不動産のナレッジマガジン 不動産売却に必要な書類

不動産のナレッジマガジン

土地・不動産売却
ご検討されている方へ

ハウツー

不動産売却に必要な書類

不動産を売却する際には、さまざまな書類が必要になります。取引を滞りなく進めるには、関係書類をあらかじめ用意しておかなければなりません。今回は、不動産の売却を依頼する際に必要な書類と、引渡しの際に必要な書類に分けてご紹介します。


売却を依頼する際に必要となる書類

不動産仲介業者に物件の売却を依頼する際には、販売資料の作成用に物件の詳細がわかる以下の書類が必要です。

☑ 登記簿謄本
☑ 売買契約書
☑ 重要事項説明書
☑ 土地測量図・境界確認書
☑ 物件の図面や設備の仕様書など
☑ 固定資産税納税通知書
☑ (集合住宅の場合)維持費等の書類
☑ (集合住宅の場合)集合住宅の規約


登記簿謄本は不動産に関する情報が記載された書類で、「登記事項証明書」とも呼ばれます。法務局で誰でも取得できるので、ご自身で用意する時間がなければ仲介業者に依頼することもできます。


引き渡しの際に必要となる書類

一方、物件の引き渡し時には、売り主は以下の書類と実印を用意しなければなりません。

☑ 身分証明書
☑ 印鑑証明書(3カ月以内に発行されたもの)
☑ (売却する不動産の住所と現住所が違う場合)住民票(3カ月以内に発行されたもの)
☑ (売買代金振り込み用の)銀行口座の通帳
☑ (住宅ローンを利用している場合)ローン残高証明書


また、売却物件に関する以下の書類を買い主に引き渡します。

☑ 登記済権利書
☑ 建築確認済書および検査済書、建築設計図書など
☑ その他の書類(住宅設備機器の取扱説明書や物件購入時のパンフレットなど)


不動産を売却する際は、所有権移転登記が必要です。この手続きはほとんどの場合、不動産仲介業者と司法書士に依頼します。司法書士の指示に従い、すみやかに必要な書類を用意します。登記記録の住所と現住所が違う場合や、登記識別情報または権利証を紛失した場合などは特別な手続きが必要になり、通常より時間がかかることがあるので注意しましょう。


手続きをスムーズに進めるために

このように、不動産の売却には多くの書類が必要です。手続きをスムーズに進めるためにも、日ごろから物件に関する書類はひとまとめにして、忘れない場所に保管しましょう。また、新たにそろえる必要がある書類については、不備がないように一つひとつ確認してください。

また、売買契約を締結したら、物件の引き渡し・残代金決済日までに退去するのが原則です。その準備を怠りスケジュールが遅延した場合、契約違反・損害賠償に発展する可能性もあるのでご注意ください。