ホーム 不動産のナレッジマガジン 「公示地価」と「基準地価」の調べ方

不動産のナレッジマガジン

土地・不動産売却
ご検討されている方へ

ハウツー

「公示地価」と「基準地価」の調べ方

不動産売買で取引される土地の価格は、国土交通省が発表する公示地価や、都道府県が発表する基準地価を指標として決定されます。今回は、「公示地価」と「基準地価」の特徴や調べ方について解説します。


公示地価とは

国土交通省が発表する、毎年1月1日時点での土地の価格です。「正常価格」ともいわれ、土地の取引価格に指標を与えること、公共事業用地の取得価格算定の規準とすること、そして適正な地価の形成に寄与することを目的としています。地価公示法に基づき、全国約2万3,000カ所に設定された「標準地」が評価され、毎年3月中旬ごろに1㎡あたりの価格が発表されます。

標準地は国土交通省の土地鑑定委員会によって決められ、その地域の環境や地形などを考慮しながら平均的な場所が選ばれます。2人以上の不動産鑑定士がそれぞれ鑑定評価を行い、その結果を国土交通省の土地鑑定委員会が審査し、最終的な価格が決定します。


基準地価とは

各都道府県が発表する、毎年7月1日時点での土地の価格です。国土利用計画法に基づいて、全国2万カ所以上の「基準地」を調査対象として評価します。地域によっては、基準地が公示地価の標準地と重なる場合もあります。毎年9月20日ごろに、1㎡あたりの価格が発表されます。

評価にあたっては、1カ所につき1人以上の不動産鑑定士が鑑定します。公示地価と同様に、土地取引の指標とすることを目的としており、土地の価格を知りたい人の参考材料に用いられています。


公示地価と基準地価の調べ方

公示地価と基準地価は、国土交通省のwebサイトで調べることができます。「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」のページで各都道府県から各都市の標準地および基準地を絞り込むことで、公示地価と基準地価が表示されます。

公示地価と標準地価は、土地の最高値や最安値を表すものではなく、あくまでもその地点の水準値となるものです。そのため、これらの価格を客観的評価として参考にすることはありますが、土地の価格を直接決定づけるものではありません。
実際の土地取引では、不動産の立地や交渉の内容、景気の状況など、さまざまな条件によって取引価格が左右されます。公示地価や基準地価とはかけ離れた価格で不動産の取引が行われるケースもあるので、あくまでも参考として扱うべきでしょう。


参考:
国土交通省地価公示・都道府県地価調査|国土交通省