ホーム 不動産のナレッジマガジン 土地の使用貸借と賃貸借の違い

不動産のナレッジマガジン

土地・不動産売却
ご検討されている方へ

ハウツー

土地の使用貸借と賃貸借の違い

土地の貸借では賃料の支払いが生じる「賃貸借」の契約が一般的ですが、賃料の支払いがなく無償で不動産を借りることができる「使用貸借」という方法もあります。今回は、この両者の違いについて解説します。


賃貸借とは

利益を得る目的でモノを貸し出すことを「賃貸借」といい、土地や建物、駐車場といった不動産の貸借や、レンタルDVD、貸衣装などがこれに該当します。モノやサービスを提供する代わりに賃貸料を受け取るため、貸主は事業者、借主は顧客という関係であることがほとんどです。


使用貸借とは

一方、無償でモノを貸し借りすることを「使用貸借」といいます。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実は日常のなかでよく行われているのです。
例えば、友人との間で本やCD、車を貸し借りすることが使用貸借に該当します。不動産でも、家族間で土地や家を無料で貸し借りするケースがあるでしょう。使用貸借では権利金や地代を支払うことがなく、利益も発生しないため、親子や親族、友人、知人といった身近な間柄で行われることが多くなります。


使用貸借に関する税はどうなる?

使用貸借は贈与のようにも見受けられますが、両者は明確に異なります。そのため、使用貸借が贈与税の対象となることはありません。

ただし、使用貸借している土地を親から相続するときには相続税がかかります。その際は他人に賃貸している土地「賃宅地」ではなく、相続する本人が使用する土地「自用地」とみなされるため、相続税に借地権の評価分が上乗せされます。

また、民法では「使用貸借は借主が死亡するとその効力を失う」と定められており、借主が亡くなると自動的に契約が終了します。それで使用貸借の継続ができなくなると、残された家族が立ち退きを迫られる可能性があるのです。そうならないためにも、借主が存命の間にあらかじめ貸主と特約を結んでおくといった対応をしておきましょう