ホーム 不動産のナレッジマガジン 筆界特定制度のメリット、デメリット!

不動産のナレッジマガジン

土地・不動産売却
ご検討されている方へ

ハウツー

筆界特定制度のメリット、デメリット!

敷地の境界線をめぐって、隣人と裁判に発展するケースがあります。土地を売買する際には、隣との境界を明確にし、所有地の範囲を明確にしなければなりません。こうした問題を解決するため、平成18年から不動産登記法に「筆界特定制度」が導入されています。筆界特定制度について、またそのメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。


筆界特定制度とは

筆界とは、法務局の登記に基づく土地の境界のことで、登記されている土地の地番と、隣接地の地番の境を指します。筆界特定制度は、この筆界を用いて、実際の土地で筆界の位置を特定する制度です。
制度を利用するには、土地の所有者として登記されている人や相続人などからの申請が必要です。実施は、専門家である筆界調査委員が法務局職員とともに現地調査や測量などを行い、この調査結果をもとに筆界特定登記官が筆界を特定します。土地台帳や登記記録、地形、面積、囲障または境界標の有無など、さまざまな状況・事情を総合的にみて判断されます。


メリット

これまで土地境界トラブルは、相手が非協力的だったり、話し合いに応じてくれなかったりした場合、裁判で争われる方法がとられていました。解決までに1年以上時間がかかることが多く、また隣接地が複数であれば、その分さらに手間も時間もかかってしまい、費用負担も大変なものでした。
しかし、筆界特定制度が導入されてからは、こうした問題もスムーズに解決できるようになっています。筆界の特定は、隣の土地の所有者の同意がなくても、土地所有者の申請のみで行えます。隣接地所有者の協力が不要なので、手間や時間を節約できるうえ、裁判のような精神的負担もありません。


デメリット

筆界は法務局の登記で定められた区画として定められているため、土地所有者の意見や、隣接する土地所有者同士の交渉によって変更できるものではありません。
また筆界特定制度は、土地の筆界を明らかにするためのものであり、土地の所有権の範囲を特定するものではありません。そのため、所有権をめぐって裁判で争われることもあります。
筆界は境界についての法的証明ではないため、もしも裁判で異なる結果が出た場合、筆界の効力はなくなります。しかし、筆界特定制度の結果は裁判でも重んじられるので、判決でくつがえされることはほとんどありません。筆界特定制度で筆界を特定すれば、事実上、土地の売買が可能であるとみなされています。


参考:
筆界特定制度 | 法務省