ホーム 不動産のナレッジマガジン 経営戦略から見た、地方に拠点を構える「サテライトオフィス」の魅力

不動産のナレッジマガジン

土地・不動産売却
ご検討されている方へ

ハウツー

経営戦略から見た、地方に拠点を構える「サテライトオフィス」の魅力

これまで東京一極集中に偏っていたワークスタイルに変化が訪れています。IT技術の進歩でメールやチャット、テレビ電話サービスなどを介した業務が可能となったことで、地方にいても都心と変わらない仕事ができるようになりました。こうした背景から、都心に本社を置く企業が、地方にサテライト(衛星)オフィスを設置する例も増えてきました。
社員のやる気を高め、企業価値を高めるサテライトオフィスの魅力とは一体どのようなものでしょうか。



通勤ラッシュからの解放

都心で働く多くの人にとって、通勤ラッシュによるストレスはかなりのもの。地価や家賃が高い東京から離れて郊外に住む人は、その分会社までの通勤時間もかかり、時間に非効率な生活を余儀なくされています。会社にとっても、社員のモチベーションを下げる通勤ラッシュや、通勤手当にかかる経費はデメリット以外の何ものでもないはず。
しかし、地方だと都心のような交通機関の混雑はありません。通勤時間や手間を大幅に削減することができるので、社員もストレスなく仕事に取り組めます。


賃料の安さで経費削減

地方によっては、地価が東京と比較して半分以下のところもあり、オフィスの賃料などの固定費を抑えられます。また、都心より物価が低い傾向にあるため、住居費や食費など社員にとってもメリットは大きく、同じ賃金で生活水準の高い暮らしが望めます。


リスクの分散

地方にサテライトオフィスを持つことで、自然災害などのリスクを分散させることができます。近年、地震や豪雨、豪雪などによって、都市機能が一時的に麻痺する事態が起こっています。都市部のオフィスで対応できないときでも、サテライトオフィスがあれば、バックアップとなって企業経営を支えることができます。


人材採用の戦略として

労働人口の減少とともに、優秀な人材獲得も難しくなっています。特に最近では、仕事ばかりでなく、自分らしいライフスタイルの実現を求める声が高まっており、オフィス環境にも快適さが求められています。
サテライトオフィスは、ゆったりとした田舎暮らしや、趣味に打ち込める時間の創出も可能で、ライフスタイルを追求する若者に対し、企業の魅力をPRする役目も担います。また、地元での暮らしを望む若者とのマッチングも期待でき、人材採用の戦略としても有効な手段であるといえるでしょう。
このように、サテライトオフィスの設置は企業と求職者、さらに雇用を創出することで地方自治体にとってもプラス効果が見込めます。
労働人口の減少とともに、優秀な人材獲得も難しくなっています。特に最近では、仕事ばかりでなく、自分らしいライフスタイルの実現を求める声が高まっており、オフィス環境にも快適さが求められています。
サテライトオフィスは、ゆったりとした田舎暮らしや、趣味に打ち込める時間の創出も可能で、ライフスタイルを追求する若者に対し、企業の魅力をPRする役目も担います。また、地元での暮らしを望む若者とのマッチングも期待でき、人材採用の戦略としても有効な手段であるといえるでしょう。
このように、サテライトオフィスの設置は企業と求職者、さらに雇用を創出することで地方自治体にとってもプラス効果が見込めます。