TOP
 事業内容 > 不動産投資事業

不動産投資事業

商業テナントなどの出店意思を確認してから土地を購入します。その後、テナント側と定期借地契約を締結。土地への投資資金を分母に定期借地料を分子にした利回り商品としてJINUSHIファンドなどへ売却し、投資資金を効率的に回収します。
テナントの退去リスクなどがある建物を所有せず、価値の安定した土地のみに投資するという、JINUSHIビジネスのシンプルな考え方を活かした事業です。建物の減価償却費や補修・修繕・改装などの再投資も不要となるため、長期的に安定した収益を実現できます。

事業スキーム ”借り手”発掘から始まる安定収益事業

当社の主力事業である不動産投資事業は、徹底したリスクヘッジが特長です。
まず土地の売却情報を得て、借り手の出店意思を確認してから土地を購入します。建物の建設・運営は土地の借り手であるテナントにすべて行なってもらい、当社は建物の着工もしくはオープン後、速やかにその土地を売却して利益を確定します。最小限の投資とリスクで、確かな利益を生み出す事業です。

事業スキーム ”借り手”発掘から始まる安定収益事業

主な実績紹介

関連コンテンツ

JINUSHIビジネスとは

実績紹介